グラフィックデザイナーとして

グラフィックデザインの道を進むことになったきっかけは、新宿伊勢丹2階にある「シンデレラシティ」というフロアーのPR誌「シンデレラプレス」との出会いだった。 

創刊号のモデルとして表紙を飾ったが、次の号からはその版下作業をするアシスタントデザイナーになっていた。 

アシスタント時代は、約3年。 

バブル時の派手な業界で、地味なデザイン作業をこなしていた。 

現在も、毎日の作業は、とても地味。版下こそはもう作らないが、時代がデジタルになるほど、自分がアナログ人間であることを確認する。 

(株)トリプレクス 
(株)東京アドデザイナーズ 
(株)秋元稔広告事務所 

を経て、渡米。 

アメリカではアートスクール在学中より、以下の企業団体に所属。 

The New Yorker(デザインインターン) 
REI Media Group, NY(アートディレクター) 
harmon design, inc.(シニアグラフィック/ウェブデザイナー) 
Durham County(シニアグラフィックデザイナー) 

2006年に立ち上げた独自のブランドライン(hitoko ub new york)をプロデュースすることから始まり、自分のビジネスを「hitoko ub design」の傘の下で始める 

もともとウェブデザインを始めたのは、1995年だった。 

シンプルテキストのみでコーディングするやり方を独自で習得。細かい間違い探しのようなコード制作作業は、自分にぴったりだと感じた。 

当時のグラフィックデザイナーが、手作業からコンピュータへ切り替わるのに苦労したように、プリントとウェブデザインの同時進行にも、かなりの葛藤があった。 

現在は本来のウェブデザインに加え、ホームページやブログカスタマイズ作業兼SEO対策、またサイト運営なども行っている。

%d bloggers like this: